ポーカー・デモンストレーション

ポーカー・デモンストレーション

トランプマジック(トランプ手品)に、ポーカー・デモンストレーションという分野があります。

現在までに様々な方法が発表されており、それだけで本を 1 冊書いた人も海外にいます。

ポーカー・デモンストレーションのうち、割と簡単だと思われるものをタネも含めて紹介します。

ポーカー・デモンストレーション【準備編】

  • 1 枚 52 組のトランプ
  • 観客の手伝い 4 名(以下 A, B, C, D)

ポーカー・デモンストレーション【実演編】

  1. 「1 枚 52 組のトランプがあります」と言って、観客に表を見せる

  2. 「4 枚の A を抜出し、裏向きにしたトランプの山の一番下に戻しておきます」と言って、その通り行う

  3. 手品師は A, B, C, D, 自分の順にカードを配る。
    このとき、「イカサマ師は、自分のカードだけ下から取出して配ります」と言って、A, B, C, D には裏向きにしたトランプの山の上から、自分には下から配っていることを観客に見せる。

  4. 「こうしてイカサマ師は、A のフォーカードを手に入れるのです」と言って、自分の手札を見せる。
    もちろん、A のフォーカードができている。

  5. 自分と観客のカードを裏向きにしたトランプの山の上に戻す。

  6. 再度、手品師は A, B, C, D, 自分の順にカードを配る。
    このとき、「私はイカサマ師ではないので、ちゃんと上から配ります」と言って、全員に裏向きにしたトランプの山の上から配っていることを観客に見せる。

  7. 「それでは、みなさんのカードを見てみましょう」と言って、A, B, C, D に各手札をめくらせる。

  8. 最後に手品師が手札を見せると、ロイヤル・ストレート・フラッシュができている。

ポーカー・デモンストレーション【タネ明かし編】

以下の説明で「何枚目」とは、「上記 2 が終わった時点での、裏向きにしたトランプの山の上から何枚目」の意味です。

上記 3 の配り方をすると、A, B, C, D と手品師には、以下のカードが配られます。

ポーカー・デモンストレーションで最初に配られるカード
A B C D 手品師
1 枚目
5 枚目
9 枚目
13 枚目
17 枚目
2 枚目
6 枚目
10 枚目
14 枚目
18 枚目
3 枚目
7 枚目
11 枚目
15 枚目
19 枚目
4 枚目
8 枚目
12 枚目
16 枚目
20 枚目
52 枚目
51 枚目
50 枚目
49 枚目
48 枚目

上記 5 で、手品師はさりげなく自分のカードを先に、A, B, C, D のカードを後に戻します。
すると、新しい山は以下のようになります。

ポーカー・デモンストレーションの新しい山
1 枚目
5 枚目
9 枚目
13 枚目
17 枚目
A が持っていたカード
2 枚目
6 枚目
10 枚目
14 枚目
18 枚目
B が持っていたカード
3 枚目
7 枚目
11 枚目
15 枚目
19 枚目
C が持っていたカード
4 枚目
8 枚目
12 枚目
16 枚目
20 枚目
D が持っていたカード
52 枚目
51 枚目
50 枚目
49 枚目
48 枚目
手品師が持っていたカード

上記 6 の配り方をすると、A, B, C, D と手品師には、以下のカードが配られます。

ポーカー・デモンストレーションで 2 回目に配られるカード
A B C D 手品師
1 枚目
2 枚目
3 枚目
4 枚目
52 枚目
5 枚目
6 枚目
7 枚目
8 枚目
51 枚目
9 枚目
10 枚目
11 枚目
12 枚目
50 枚目
13 枚目
14 枚目
15 枚目
16 枚目
49 枚目
17 枚目
18 枚目
19 枚目
20 枚目
48 枚目

従って、事前に以下の準備をしておけばよいことが分かります。

ポーカー・デモンストレーションの準備
17 枚目 18 枚目 19 枚目 20 枚目
スペード 10 スペード J スペード Q スペード K

スペードの A を上記 5 で 48 番目になるように戻せば、ポーカー・デモンストレーションの完成です。