パイゴウ・ポーカー

パイゴウ・ポーカー

パイゴウ・ポーカーは、ポーカーの役を利用していますが、親(ディーラー)対子(プレーヤー)の勝負なので、ポーカーよりもブラックジャックに近いゲームです。

パイゴウ・ポーカーの手順を以下に示します。

  1. ジョーカーを含む 53 枚のカードを用意し、3 個のダイスの出た目の合計でカードを配る順序を決める。

  2. ディーラーが全員に 7 枚のカードを配る。

  3. ディーラーとプレーヤーは、7 枚のカードを 5 枚と 2 枚に分ける。
    このとき、5 枚の役が 2 枚の役と同じか強くなければならない。

  4. 手札を公開し、5 枚の役と 2 枚の役を比較する。
    • 両方ともプレーヤーの方が強ければ、プレーヤーの勝ちで賭金が倍になって終了
    • 両方ともディーラーの方が強いか同じであれば、ディーラーの勝ちで賭金を回収して終了
    • 1 勝 1 敗であれば、引き分け

5 枚の役は通常のポーカーの役を使用しますが、2 枚の役はワンペアとノーペアだけで、ストレートやフラッシュはありません。

ジョーカーはストレートやフラッシュを補うことはできますが、単独では A と考えるので他の代札にはなりません。