ポーカーの歴史

ポーカーの歴史

ポーカーは 19 世紀から 20 世紀にかけてアメリカで発展しました。
アス・ナス As Nas という、絵札と 10, A を使って 5 枚ずつのカードを配り、役(フォーカード/フルハウス/スリーカード/ツーペア/ワンペア)を競うペルシャのゲームが原型です。

ポーカーの歴史
1700 年代後半〜
1800 年代初頭
フランスで 3 枚配ってから賭けを行うポケ Poque が流行
1803 年 アメリカがナポレオンからルイジアナを買収し、アメリカで発展が始まる
ニューオリンズが発祥の地と言われる
1840 年 1 組 52 枚のカードが用いられる
1855 年 ドロー・ポーカー完成
1855〜1860 年 ストレートとフラッシュが役に含まれる
1861〜1865 年
(南北戦争)
ファイブ・カード・スタッド・ポーカー定着
1870 年代 ジョーカーが発明され、ジョーカーズ・ワイルドが作られる
ジャック・ポットが生まれる
1930 年代〜1945 年 セブン・カード・スタッド・ポーカーが主流となる
1980 年代中盤 テキサス・ホールデムオマハが定着する