ポーカー世界選手権で日本人が初優勝

ポーカー世界選手権で日本人が初優勝

2012/6/22 付の日刊スポーツより。

日本人初!!ポーカー世界一
東大 OB 木原さん 4000 万円獲得
将棋部で活躍

米ラスベガスで開催中のポーカー世界選手権で、日本人が初優勝を果たした。
東京都在住の木原 直哉さん (30) が 20 日(日本時間 21 日)、3 日間の日程で行われた「ポット・リミット・オマハ/シックス・ハンデッド」に参戦。
419 人の中から勝ち残った 11 人で優勝を争い、決勝の 6 人テーブルで米国人 5 人を退けた。
優勝賞金は 51 万 2029 ドル(約 4096 万円)。
ポーカーの種目別の優勝者に贈られるブレスレットを笑顔で受け取った。

木原さんは日本国内の関係者に「冷静に打てたのが良かった。大会中は寝られなかった」と電話で話したという。
03 年に東大入学後、将棋部に所属。
バックギャモンで日本トップ級の成績を残した後、09 年ごろからポーカーの世界大会に参加していた。
日本ポーカー協会の渡辺 元理事は「日本では競技ポーカーの普及が遅れていたが、01 年ぐらいから盛んになってきた。今回の初優勝は、大きな 1 歩です」と喜んだ。

TBS ラジオ「荒川 強啓 デイ・キャッチ!」(月曜〜金曜 15:30 - 17:50 生放送)2012 年 6 月 22 日(金)では、渡辺理事が電話出演してこのニュースについて解説していました。